特産品

茶_沼津茶

沼津茶

沼津茶の歴史は古く、江戸時代から始まり、現在約350ヘクタール、東京ドーム約74個分の広大な敷地で栽培されています。愛鷹山の麓、愛鷹・浮島地区は、茶どころとして有名で、静岡県内でも主要なお茶の産地です。鮮やかな水色と深い渋みが特長で、「やぶきた」本来の香味を大切につくられています。昭和58年、平成8年、平成28年の3度にわたる「皇室献上茶」の栄誉を賜り、各品評会においても好成績をおさめています。

沼津ブランド

詳しくはこちら



茶_富士宮のお茶

富士宮のお茶

富士宮市内の茶農家が静岡県知事からエコファーマー、一般社団法人日本GAP協会からJGAPを取得し、環境に配慮した持続性の高い茶生産で、安全・安心なおいしいお茶を生産しています。「やぶきた」だけでなく「べにふうき」や「さえみどり」などさまざまな品種を栽培し、手揉み茶や和紅茶など特徴あるお茶も作られています。富士宮地区の手揉み茶は、平成29年から連続して静岡茶市場の初取引で最高値を記録しています。市内茶農家有志と当JAが出資する富士山製茶合同会社は、富士宮市杉田に本店、イオンモール富士宮(富士宮市)と静岡伊勢丹コリドーフジ(富士市)に支店を構え、富士宮産のお茶やお茶のスイーツなどの販売を行っています。

富士宮富士山製茶合同会社